老人ホームに勤めている人と付き合って感じたこと

バナー

老人ホームに勤めている人と付き合って感じたこと

私はもうすぐ30歳の男性です。
当然、まだ老人ホームとは縁がありません。


そして、幸いなことに祖父母も80歳を超えてはいますが法人ホームを利用する必要がないほどまだまだ元気な状態です。

私は老人ホーム自体には一度仕事の関係で行ったことがあるだけです。

外から見ていて感じたのは大変そうな仕事だな、ということ。

世話をする、というのは大変なことだと感じます。自力で起きることができない人の体を起こしたり、排せつなどの世話もしなくてはいけない。



そのホームの職員の方と話す機会はありませんでしたが、大変そうな姿がやたらに目に入ってきました。そして、時が経ち、私も年齢を重ねました。



すると交友関係も広がっていきます。

以前、利用したことがある公民館の講座がきっかけで友達が何人か出来ました。


いつもの私だったら、講座の終わりが縁の切れ目、という感じで講座が終わったら連絡を取り合うことなどなかったのですが、今回は何故か講座が終わった後も連絡を取り合って飲み会をすることになりました。



そのときに老人ホームに勤めている人が2人いました。

2人とも第一印象がとても良い方で話しやすい方でした。
また、話を聞いていると老人ホームで勤めていることも苦には感じていないようでした。

この姿を見て私はカッコいいと思わず唸ってしまいました。

実際に見た現場やテレビなどで見る法人ホームの職場環境はとてもきびしいもののように見えました。
しかし、この人たちはそんな姿を全く見せずに楽しそうに働いている。

本当に素敵な人たちです。付き合っていて感じたのは2人とも好印象を受けることはもちろんですが話を聞くのが上手い、ということでした。
どんな話も嫌な顔をせずに聞いてくれます。

そして、一番印象に残るのは優しいということです。


私は車を持っていないのですが、遠方へ出かけるときは私を車に乗せていってくれます。

また、飲み会の時は自分からハンドルキーパー役を積極的にしてくれます。

私と年齢が大して離れていないのに、老人ホームに勤めている方々の精神は随分と大人だな、と感じてしまいました。

この人たちが勤めている老人ホームの老人たちが少し羨ましくなりました。

吉祥寺の不動産の補足説明を致します。

ライオンズマンション上桂情報が揃っています。

納得の兵庫のログハウスの情報探しはそれほど難しくありません。

Copyright (C) 老人ホームに勤めている人と付き合って感じたこと All Rights Reserved.